【登山初心者が挑戦】キャンプ好きファミリーが「ガイド付き立山登山ツアー」に行ってきた(最終回)

■登山は人の優しさが身に染みる

翌日は6時に朝食を済ませ、早々に大日小屋を出発しました。
朝早いとはいえ、帰りは来た道を戻るだけなので、行きに比べれば精神的にもかなり楽。布団で熟睡できたので、体調も万全でした。

「帰りは下りが多いので、だいぶ早いですよ」という佐伯さんの言葉通り、前日とは打って変わってスイスイと進んでいきます。トレッキングポールが効率的に使えるようになり、水分や行動食の補給タイミングもわかってきたので、ここにきてようやく登山を楽しめたというのが筆者の本音。

当初、雷鳥沢キャンプ場でもう一泊してから下山する予定でしたが、「天気が崩れそう」ということで急遽変更。ガイド佐伯さんの紹介で、立山駅近くにあるペンション愛花夢(あいかむ)の部屋を確保することができたので、下山を前倒しすることになったのです。

山の天気は変わりやすいと言いますが、今回のような急な天候の変化でも臨機応変に対応できたのは、山のプロであるガイドさんが同行してくれているから。初心者には本当に心強い存在です。

雷鳥沢キャンプ場には予定通り15時過ぎに到着。雲行きも怪しく、遠くでカミナリの音が聞こえてきましたが、なんとかギリギリ最終バスに乗り込み、下山。立山駅でレンタル品を返却して、ペンション愛花夢へと向かいました。

今回、2600m級の稜線を家族で歩くという貴重な経験ができたのは、ガイドの佐伯さんをはじめ、大日小屋スタッフの手厚いサポートがあったからこそ。日頃からキャンプに出かけているので、アウトドアで過ごす大変さや楽しさはわかっているつもりでしたが、道具一式を背負って行動する登山を体験して、あらためてアウトドアの壮大さに気が付きました。

高山登山の魅力は、素晴らしい景色をパノラマで楽しめ、そこを自分の足で歩いているという感動に尽きます。もちろん、道中は厳しくてツライときもありますが、一緒にいるみんなが助け合い、励まし合って登っていくところに、人の優しさも感じました。

登山は普通、低山から徐々にステップアップしていくというのが定石かもしれません。でも、立山であれば、筆者のような初心者ファミリーでも、ガイド付きの安心安全な高山登山が楽しめます。来年度からは、ツアーが本格スタートということなので、夏の思い出つくりに、家族の絆を深めるためにも検討してはいかがでしょうか?

(完)

<リンク>
ゆくたび、たてやま
「初心者でも安心! ガイドさんと手ぶらで登山!」
https://yukutabi-tateyama.jp/trekking/
レンタルショップTABO
https://www.tateyama3015.net/rentall
雷鳥沢ヒュッテ
https://www.raichozawa.net/
ペンション 愛花夢
https://www.aicamu.com/

文:まついただゆき
写真:下城英悟


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です