【登山初心者が挑戦】キャンプ好きファミリーが「ガイド付き立山登山ツアー」に行ってきた(第5回)

■登山は一歩一歩の積み重ね

奥大日岳から大日小屋への道のりは、前半戦をはるかに凌ぐ難ルートの数々。足を滑らせたらひとたまりもない崖っぷちを、一歩一歩慎重に、油断大敵の気持ちで進んでいきます。

「大日岳は北アルプス登山の入門的なコース」と佐伯さんは言いますが、登山初心者にとっては「ここが道?」というような岩場を登ったり、急なはしごを下ったりして進んでいきます。幸い、雲が出てきて午前中よりも涼しい山行でしたが、それでも雪渓に入るたびに、雪をすくって身体を冷やさないとバテてしまうほどでした。

30~40分に一度の小休止を取りながら、黙々と登り続けること4時間、ようやく大日小屋まであと一歩のところで、運良くライチョウにも出会えました。昔から「神の使い」として大切にされてきたライチョウ、この時期はちょうどヒナが誕生する時期だそうで、運良くライチョウ親子に出会えたことはここまでの頑張りのご褒美だったのかもしれません。

雷鳥沢キャンプ場を出発してから約8.5時間、午後4時過ぎに無事に家族そろって大日小屋に到着しました。ゴールの瞬間は本当に達成感がありましたし、子供たちが一生懸命に頑張る姿勢を間近で見られたのは、親にとってはかけがえのない思い出です。

すっかり疲れ切ったと思っていた子供たちは、はじめての山小屋に大興奮。2段ベッドの寝室や、小屋からの景色に感動した様子で、半日におよぶ山行の後とは思えないほど元気いっぱい。ちょうど日没の時間でもあったので、目の前の剣岳がみるみる赤く染まっていく様子を、持参したデジカメで撮影して盛り上がっていました。

一方で大人たちは待望の缶ビールで乾杯。「ランプの小屋」の異名を持つ大日小屋のムーディな食堂で、おいしい夕食に舌鼓を打ち、束の間の休息(休足)を味わいました。

次回「登山は人の優しさが身に染みる」に続く..

<リンク>
ゆくたび、たてやま
「初心者でも安心! ガイドさんと手ぶらで登山!」
https://yukutabi-tateyama.jp/trekking/
レンタルショップTABO
https://www.tateyama3015.net/rentall
雷鳥沢ヒュッテ
https://www.raichozawa.net/

文:まついただゆき
写真:下城英悟


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です