称名方面紅葉情報

先週末は称名側から登りました。
きついと言われるこのコース、下山より上山に使う方が絶対身体は楽だよね。と我々は思っています。(あ、称名往復でももちろん良いんですよ、駐車場タダだし、空いてるし)

特に今の時期は稜線上は気温が低いので、天気が良くない時はこのコースの方が安全です。稜線に出られる方は防寒対策をしっかりしてくださいね。綿素材の衣類は絶対ダメ!

称名から登っていくと、大日平を過ぎ、もう足上がらないかも~。なんて時に後ろを向くと、弥陀ヶ原・大日平が一望できます。弥陀ヶ原・大日平の紅葉は来週末あたり素晴らしいでしょう。このラムサール条約が制定された湿地帯を一望できるのもこのコースの醍醐味ですね。

そこからさらに上がっていって、まだかいな・・・。なんて心が折れる頃に大日岳直下の紅葉。頑張って歩いたご褒美。「なんだこれは」と、息をのむ美しさです。

そしてもう少し頑張ったら、「岩峰は眼前にあり」ということで、剱岳とご対面。

小屋に泊まれば、朝焼けに御来光。

大日小屋の営業は8日までです。
スタッフ一同お待ちしております。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です